990 Security

990 SecurityとはSOSがあれば警戒し、安全的に確保するシステムだ。一回さえボタンを押せば、登録された保安部署へSOS警戒を送り、SOSがある場合には保安部署が救助隊を動員し、状況をアップし、住所を身につける。

990 Securityのシステムを使っている時、相手と周りの人がスマート保安施設というシステムで完全的に守られる。
弊社がIoT(Internet of things)というテクノロジーを使って、参加者がいることなく、物理とデジタル世界を合わせる。LTE、Ethernet、 Wifi、 Zigbeeなどの色んな方法で接続、データを共有される。

システムが含む

  1. 管理者ウエブサイト: CMS管理センター
  2. モバイルアプリ: お客様が設備を買って管理する
  3. ウエブサイトアプリ: 管理(DVAN)保安部署
  4. ウエブサイトソケット: GatewayとWeb appと通信する中間サーバーである
  5. アラーム設備: SOS押すボタン、Siren、Gateway

承認の機能

1. Web Admin管理センター(CMS)

  • クライアント管理
  • 保安部署の管理(警察者 113、区の警察者)
  • ケースの管理
  • 歴史アクセスの管理
  • ポートフォリオ管理: サービスコース、営業タイプ、構成、…
  • マップ: 設備を置いたところが表示され、(触るとお客様の情報)設備の詳細を見
  • 登録設備のリスト
  • 集計: 登録した設備/アクティブ化された設備の集計、状況による警戒件数の集計、日/週/月による集計、都道府県による保安部署の集計

2. お客様が設備管理と輸入するのにモバイルアプリ

  • 設備登録: 設備を登録する為にQRコードをスキャンし、登録プロセスをアクティブ化し、(はじめて登録すればメインアカウントだが、もう設備のメインアカウントがあったら2回目のアカウントを登録する可能性がある)、
    DVANのオフィス住所を選択たらアプリが自動的に設備の位置を確認する(しかし、APIグーグルマップが不正な結果を返せば手動で変更できる)。
  • 新しいアカウントの登録が含む:氏名、住所、Eメール、携帯番号
  • サブアカウントの追加:設備を一緒に使い登録してほしいサブアカウント通知を受け付け、その通知を見て情報を承認し、サブアカウントのリストを管理する/必要なら取り除くことができる。
  • 設備の状況を見ること:状況が活性化するかどうかとか、バッテリーが切れるかとか、押すボタンが活性化になるかとか、押すボタン名(室、位置,…)を報告する。

3. ウエブアプリDVAN管理

  • 警戒通知(SOS):警戒通知のリストを表示して、(設備や客様について)その通知の詳細を見て、(未処理-処理中-処理完了)という状況による警戒通知をフィルターする。
  • マップ:DVANに管理される設備を置く場所をすべて表示しながら触るとクライアント情報-設備の内訳を見る。
  • ケースの受け付けと処理:設備リストの中からもしくは警戒通知からクライアント情報を受け付けて見てから、救助隊を動員して、完了報告やフェイスニュースの報告や受付のプロセスや完了報告などが歴史に格納される。
  • インシデントの集計:インシデントのある設備リストとDVANがインシデントのステータス、具体的な時間通りに処理する。(法案部署、状況、時間、設備のID)条件でエクスポートする。

4. ウエブソケット:設備の結合が出来上がるのに設備とサーバーの通信方式

接続プロセス

  • 初回、設備が開始パケットを送信してサーバーと接続する。
  • サーバーと接続完了したら設備が接続の維持にPingパケットを送信する。
  • NODEが(PING、テスト、アラームなど)イベントのある場合、(SOSボタン、siren…)NODEのパケットが送信される

パケットフォーマット:

  • 接続開始パケット(スタート)
  • 接続維持パケット(PING)
  • ジオロケーションに使用されるWIFIルーターリスト情報パケット
  • Gateway情報パケット
  • 管理GatewayのNODEリスト情報パケット
  • (Siren)NODEのイベントパケット
  • (SOSボタン)NODEのイベントパケット
  • (確認)確認パケット
  • サーバーから設定パケット
  • 設定完了の確認パケット

接続した後:

  • サーバーに接続完了したらサーバーと接続通知するようにスタートパケットをすぐに送信して、次に(PING)維持パケットとか(でーたNODE)データパケットとかを送信する。
  • 接続されたIP/ポートがGatewayに格納され、Gatewayにメッセージ送ることで変更される(アラームモードをオンにし、アラームモードをオフにし、アラームの持続時間、各センサーの動作、設備全体で操作モード、IPサーバーを更新)

5. アラーム設備(Gateway)

設備のステータスライト:

  • PWR
  • GPS
  • GPRS
  • Wireless 

ライトには、オフ、点滅、オンの3つの状態があります。

設備の接続ポート:

TECH STACK

プロジェクトを実施する際に最高なテクノロジーや最もスマートなフレームワークを用意しておる。

  1. Web App: framework Django
  2. Mobile app: Flutter
  3. Database: Postgresql
  4. Websocket: Nodejs + Socket.IO

ありがとう!
テクノロジー Papagroup